スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂ネタの本が好き。

読書の秋です☆私の場合食欲の秋?!
いや食欲年中。。(^_^;)



元気を取り戻す秋!!!
ほんとは残暑にうちのめされてるっすよ~。
(浜田ブリトニー風の口調。)
残暑はだらだら、しつこい。ああ、だめだ。
(バタンと倒れるの図)



残暑をのりきるのに
よい食材って何?
小豆?



読書の秋の話にもどって。。
本、特に古本が大好きで
いつでも読めるようにスタンバイOKな
状態になっている。
少しずつ読む。



katatsumuri.jpg


映画で食堂かたつむりが上映される
予定だから読んでおかないと。
なんと、まだ読んでいない。
小川糸著。



手にとる本は「食堂」関係が多い。
食堂を舞台におこる人々の生活の
話が好きみたい。
そこに個性的なキャラが登場すると
なおよい。



かもめ食堂もそうだな。
原作、読まなきゃ!
深夜食堂の大ファンだし



tsumuji.jpg

つむじ風食堂の夜も読み始めた。
あら?映画でやるのかな。
公式サイトがあった。楽しみ!
吉田篤弘著。



食堂が好きなのかな。
自分に問うてみた。
(問うてみたシリーズ)



吉本新喜劇の食堂のコントは
そんなに好きじゃないしなあ。
子供のころは、木村進の工事現場の
にいさんが主人公で食堂で
人情のコントを自然と見てたけど。



考えたら土曜日、学校から帰ってきたら
普通に吉本新喜劇の中継がテレビで
放映されていて、普通にご飯を食べながら
見てるという図が今から思うと、不思議でならない。
関西以外の人は、ほんと不思議でしょ?




見ないといけないみたいなのが
あったような。。
さすがに高校生くらいになると
興味なしとなってきて、花月にいっても
漫才だけ見てた。
って花月に普通にいくのも不思議?



芸能人見た?という話でも
吉本のお笑いの人の名前が必ず
あがる。これも不思議ですよね。



今でも祝日の昼間なんて、吉本関係の
タレントさんが出てるテレビがほとんど。
いつも関西以外のところは、この時間
何が放映されてるんだろうと思う。



食堂の話から
吉本の話になるとは自分でも
思わなかったけど
食堂って下町なイメージ。
下町育ちなので、安心するのかな。


スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

The Konki Duet-mountain mouton

最近、音楽ネタを書いてなかったような。。
最近、CD買ってなかった!
せっかく秋もやってきたことであるし書こ。
というか、買お。




konki1.jpg



引き出しをあさっていたら好きなのが出てきた。
The Konki Duet
mountain mouton



手作り感がとってもある息がはいった音楽。
派手なことはしていないところに
素敵なんです。


アイデアが、あっ!!とちょっと驚くような
突飛で面白い。ころっと曲調がかわるあたりが
このユニットの個性です。



自称ネオチェンバーロックとのことですが
???。。わからん。
ストレンジポップス。。わかります!!
レインコーツら70’S&80’S期の
ラフ・トレード勢を彷彿とさせる。と
いう表現もうなずける。



女子3人のユニットで
日本の人も参加しておられるんです。
いろんな楽器を駆使して
ボーカルもさらっと歌ってるけど個性的。



電子的な音を使っていないから
手作り感を思うのかも。



好きな曲をちょこっと試聴できるように
しました。ちょこっと聴いてくださいな☆



♪Daylight song♪
インパクトがあるところがいいなあ!


♪Une chanson pour♪
なつかしさとかったるさがまた魅力です☆



♪Vanilla girl♪
vanillaだしポップなところからいきなり
ざっくり入ってくるバイオリンが好き。



myspaceもあったので☆




youtubeもあったでよ!
inflammable
キュートな曲ね☆






テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

カンテグランテ

私の落ち着く場所の1つ、
カンテグランテ


KANTEGRANTE.jpg




梅田丸ビルのカンテグランテのお店の席で
穴ぐらのような場所がある。
(画像、暗くて雰囲気わかんないですね。)
そこが落ち着くんですよね。



いや、別に穴ぐらが好きとか
太陽が嫌いとかじゃないですよ。
小さい頃から、かまくらには
あこがれてましたけど。
今は寒いから、もういいかな。





カンテグランテって
今でこそ、OLのおねえさんとか
入れる風になりましたが
昔はロッカーが多かったです。



気負って入ってましたから。
今だったらお店の人に悪いとか
思いますけど
自分たちのバンドの自主制作テープの
パッケージをつめる作業を
お茶飲みながら、長時間ねばって
やったりしてました。



注意されなかったのは
多分、バンドの子達に理解が
あったからでしょうね。
良き思い出です。




カンテグランテで、ウルフルズ
ボーカルさんとかデビュー前
バイトしてたというのは有名な話。



自分のバンドがなかなか活動できなくて
出たいな、出たいなって
毎号、エルマガジンのライブコーナーを
あこがれのまなざしで見てたんですけど
ウルフルズ、よく載ってた。



十三ファンダンゴというライブハウスが
あって(今もあるのかなあ)
ほんとあそこには出たかった。
夢はかなわずでした。
ウルフルズはやっぱりレギュラーの
ように出てたと思う。




カンテグランテといえばウルフルズなんです。
チャイとか今は普通にメニューで
見かけますよね、
昔は、カンテくらいにしか
なかったと思われる。



ケーキも美味しい。今も美味しい。
ゴータマショコラ大好き。



KANTEGRANTE2.jpg


ランチセット
肉は得意じゃないけど
ここのは、ローズマリーとからめて
焼いてあるので、逆に美味しい!
パンも自家製で販売されたりしているんで
美味しいです☆


クリンペライの曲だか
それっぽい音楽が
いつもかかってる。
それもお気に入りです☆



心斎橋にカンテグランテがあり
モンスーンとかいう
インドのカフェもあったけど
今はないと思われる。





カテグランテ、とにかく
自分をとりもどす場所の1つです。



クリンペライの曲を貼り付けたいと思い、
検索していると素敵なのを見つけた。
ロバートワイアットのカヴァーでしょうか。

Klimperei -Sea song





テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

南極料理人を観に行って。

nankyoku.jpg


南極料理人」、観に行ってきました☆
「食」にふれた内容っぽいので
興味をもった。
南極というのもどうしてそこ?と思って。




南極観測隊員の調理担当をしていた、
西村淳さんの原作の映画化らしい。
原作も面白そう!



それにフードスタイリストの飯島奈美さんの
(「かもめ食堂」や「めがね」を担当した)
かかわる映画は気になる。




男8人がマイナス54度の極寒地で1年以上
単身赴任する。娯楽も全くない、自由を
拘束される中で、楽しみなのは「食べること」。



「食」を中心に、隊員たちの喜怒哀楽を
ほのぼのとえがいた映画なのです。
口笛の音楽が飄々とした印象を
さらにクローズアップさせていた。



淡々とした自由もなく、厳しい環境下で
食べ物を中心に、その時間を楽しもうとする姿、
それぞれの個性を大事にして
えがかれているところなど、観ていてあきなかった。



食べ物はもちろん美味しそうだったし
巨大エビフライが出てきたり
パーティと称して、極寒地では想像できないような
フランス料理のメニューが出てきたりして
このへんも面白かった。




nankyoku2.jpg




なんといってもやっぱり
超個性派の俳優さんたちの演技。
それぞれこだわりが伝わってくるのが
やっぱり味があってよかったです☆



堺雅人さんは
やっぱり期待を裏切らず、じわじわっと
個性を出しておられました。
他の登場人物と比べ普通っぽいんですけど
普通って難しいですよね。



生瀬勝久さんが今回、
ドラマでのちょっとぶっとんだような
はずれた感じのキャラクターじゃなく
ガンコな気難しい役をしていたのが
めずらしかった。
みんなが困ったらさりげなく手をさしのべる
あたりがお父さんのようでした。



あとから驚いたのが
高良健吾
蛇にピアス」での顔中ピアスだらけの
パンク少年の役をやっていた人とは
結びつかないくらい違ってみえた。
別人です。



パンフレットには
ネタバレみたいなのが書いてあって
読み応えがあった。



思ったのですが
自分のあたえられた環境の中で
どれだけ楽しむかが大事なんだなって。
いい意味での飄々とした。。ってのが
いい感じ。



伊勢エビの巨大エビフライ、食べたいなあ。。
おにぎりももちろん美味しそうだった!
日本人はやっぱりおにぎりですよー。
おにぎり嫌いな人っているのかなあ。


南部鉄の急須と生活。

nanbu1.jpg


とってもかわいい味方ができました☆
南部鉄の急須


鉄分もとることができて
健康にいいらしい。形が小さくてかわいい!
あえて名前をつけました。
テツさん。
(関西風のイントネーションで
「さ」の音を強調して発音してください)



マイミクのナカイデさんが
ネットで販売されている急須。
Rolling Orangeにて。
POPでなつかしいほのぼのしたかわいい
雑貨がたくさん販売されてるのです。




ティータイムを楽しんでます。
手入れもちゃんとして
状態を保たせる。大事にします☆☆



今日は激オチくんをつかって
お風呂を念入りに掃除する。
ついでだ~、入ってまお!と
バスタイム(なんで英語?)。
激オチくん、活躍してくれるので
気に入りました☆シリーズがあるんですね!



gekiochi-kao1.jpg



秋になると私は夏うまれなのに
嬉しくなってくるのです。
大好きな言葉の「冬じたく」が
(なんでかこの言葉好きなんです)
雑誌に掲載されはじめたし。



冬じたくというか大好きな秋。。どうしようかな。
自分改革として
(いきなり啓発な言葉!やだよう。)
掃除だな。



yasaibook.jpg


最近できてなかった料理もしよう。
野菜料理
じゃがいものマヨきんぴら美味しいよ!
簡単に雑にいうと(^_^;)
じゃがいもを唐辛子とごま油でいため
きんぴらの味付けにマヨネーズを
プラスさせる。




sinya.jpg


深夜食堂の4巻でましたね!
味があって、なんというか
にっぽんじんの根底の演歌な心が
呼び起こされます。
にっぽんじんは、やはり味噌汁と
演歌ですよ!不思議と心地いいのです☆



料理といえば。。
南極料理人」面白そうなので観に行こうと
思う。実は今日、思いついて行こうと
しましたが、思いつくのが遅かって
上映時間があいませんでした☆
でも近々行くぞ。



アロマオイルも買いました。
快適生活をめざす。
グレープフルーツ、ローズ、
ラベンダー、サンダルウッド、オーシャン
。。
5つの香りがパックで安値だったので。
オーシャンの香りを今からたきます。
オーシャンビューします(^^)


テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

音楽はその年齢にもどる☆

音楽って不思議なところがあって
聴いてると、その曲をよく聴いていたころの
ことを思い出しませんか?



今日はそんなエントリー。
何曲かあげてみました☆





David BowieModern Love
なんでか
高校の頃の事を思い出す。
来日コンサートが大々的にあったからかな。
行かなかったのをかなり後悔した。



近年でもDavid Bowieはかっこいい。
スターはこうでなきゃあ!!
時代に応じて音をかえれて歌うって
すごいなあ。2004年のもの。若い!!
いったい何歳??





中学時代は、テニス1色だったけど
私の行っていた高校は当時にすれば、
すっごく自由な学校でした。



アメリカのような、個人主義の学校。
校則も厳しくなく、先生も口うるさくなかった。
自由すぎて高校を出たくらいの頃
秩序を守る生活に戻すのが大変だった。



テニス部にも入っていたので基本体育会系
なんだけど、中学時代ほど熱血じゃなかった。


Blondie
Hanging On The Telephone



音楽にも目覚めて、毎日そんな話をしていた。
黒といえばROCKの色、NW&PUNKの色だったから
この頃から大好きになった。今も大好きな色☆



いくえみ綾や多田かおるの漫画から飛び出てきた
みたいなかっこいい先輩グループがいて
見に行こうと食堂に毎日走っていってたり





DAVID SYLVIAN & 坂本龍一
Forbidden Colours
この映画もキャー、キャーさわぎながら
学校帰りに
みんなで観に行った☆




冷静な判断もあのころはもちろんない!
アイドル歌手になろう!!と友達とアホな
夢を見てオーディションを受けにいったりして
ミーハーな高校生活を送ってたのです☆


松田聖子
小麦色のマーメイド 


この曲ではこちらの聖子ちゃんの衣装が好きです。
キラキラ、ドキドキ、ワクワクした
気持ちがわいてきて、でもそれは思い出さ~と
いうようなちょっと寂しいような気持ちも
また心地いいのだ。


テーマ : 80年代洋楽 - ジャンル : 音楽

vanilleと中原淳一展

女の子DAYパート2。
女の子といってしまうのには
かなり気恥ずかしい年齢になってますが、
女性っておばあさんになっても女の子な
部分ってずっとあると思うんです。




女の子ものがたりを観に行くまえに
vanilleがシーズンを終えられるので
行ってきた。セールなので驚く値段!




vanille201.jpg



ずっと気になってはいたけど、ちょっと
かわいずぎるからどうだろうと思っていたブラウス。
甘辛コーディネイトで着させてもらいます☆
刺繍が凝ってて、手がかかっていて素敵なのだ。




vanille200.jpg





チョコミントみたいでしょ!といわれ
なんか嬉しくなったというかそういう比喩好きな私。
今の時期からそろそろ着れそうなワンピース!
80’Sっぽい感じで、陸奥A子の漫画を思い出すような
デザインが気に入って買った。



nakahara1.jpg





その後、中原淳一展に行く。
楚々とした美しさと優しさが伝わってくる
作品たち。
色の組み合わせの案が書かれたイラストには
なるほど~と開眼させてくれるようなアイデア。




実際活躍されていた当時の女の子世代の
人たちがたくさん来場していました。
美空ひばり、江利チエミ、雪村いずみとの
コラボレーションされた、サーキュラースカート
まえでは人だかりが!



私もこんなスカート履いたわぁ!回ると
たくさん広がるのよね!!って盛り上がっていた。
その中にまみれていたのですが、サーキュラー
スカート、履いたことないっすねー(仲間に入りたかった)



一番楽しかった頃っていつだったかしらー?と
話しているのも聞こえてきて、この世代の人たちって
どう思ってるのかな?って聞いていた。
。。やっぱり高校までかな!
社会人になってからは楽しくなかったのかな。
まだ女は1歩下がって主張するなという風潮が
あったから?



中原淳一の作品は色あせることなく
今でもおかしくないくらい、素敵なものばかり。
メッセージは、うなずけるものがあるし



nakahara2.jpg




うちだしている「美しさ」は
楚々としていて、凛としていて知性、
そして女性らしさ。。優しさとか。
そうありたいなあ。とあこがれる女性像を
えがいていた。



ということで
麻丘めぐみの「女の子なんだもん




そんなアイドルだっためぐみさんも
大人な歌を歌われています。
人生経験で女性は磨かれる?
シェルブールの雨傘











テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

女の子ものがたりを観に行って。

onnanoko.jpg



深津絵里主演の女の子ものがたり
観に行ってきた。
西原理恵子の漫画の映画化。



映画を含め、女の子がキーワードになりそうな
コースで出かけたので
今日はそのパート1



女の子ものがたりというから
ガーリーな感じで、かわいい洋服着て
ふわふわ、るんるんと
かわいらしい話なのかと思いきや



主人公を含め3人の女の子たちの
小さいころからのそれぞれの持ってうまれた
サガというか苦労と優しさを描いた映画だった。



小さいころのシーンで親友がほしいから
ビンに手紙をつめて必死に海に流すところが
あったのですが、3人は親友じゃないの?と
思ってたら、すぐに私たちは親友じゃないもんね。と
言うあたりとかなんかおかしかった。


みんなでいたずらしてキャーキャーいっているのとか
こんなころあったなとなつかしかった。
小さいころや学校時代のつきあいって
まだ子供だからくすくすっと笑えるところがある。
でも当の本人たちは必死だった。



ここに登場する3人はそれぞれ小さなころから
抱えているものがあって、それでも
明るく少女期を過ごす。


歳を重ねて主人公以外の2人は
さらに不幸になる。でも当の本人たちは
幸せだと思っていたのかもしれないし
自分はこの道しかないんだ。と思っていた
ようだった。


主人公と大喧嘩しながらも
優しい気持ちで送り出すシーンとか
お母さんと離れていくシーンとか
少し泣けてくるところもありました。



大人になった(深津絵里の出番)シーンと
うまくおりあわせて、描いた素敵な映画でした。
友達ってやっぱりいいなあと思わせてくれる映画。



昔からの友達って小さいころからだから
なんかおかしくって、でも真剣みたいなね。。
すごく長い間会えていなくても、不安じゃないし
会えば時間は縮まる。



この映画を観て思い出したメンバーは。。
中学時代の4人グループ。
みんな共通して、テニスをしていた。
休みの日もテニスの練習をしていて
休みの前の日が雨だった日でもコート整備を
してまでテニスの練習にあけくれた。



なんでか毎年冬になるとトレーナーをそろえる(^^)
ミッキーマウスクラブにも一緒に入った。
私以外の子達はアイドル顔なので
ミッキーの帽子がとても似合っていたけど


私はボーイッシュだったせいか、どこか
むずがゆかった(^_^;)
後に高校時代の友達に写真を見せると
爆笑されました(汗)



交換日記も毎日会っているのにしていた。
柴田恭平主演の探偵のドラマにあこがれて
それぞれのニックネームもつけていた(^_^;)
ちなみに私は殿下だった。(ここは笑うところです)
理由はたまたま見た「太陽にほえろ」の写真の
小野寺昭がかっこよかったから。



立ち話していたある日、なんでかそれぞれの
長所と短所を言い合おうということになった。
みんな大人で短所を言われても受け止めていたのに
頭のきれるメンバーAが私の短所のコーナーで
何を言ったか全く覚えていないけど
「おいおいー!!」と私はつめよった。
って怒るのはこういう時ルール違反ですよね(^_^;)



Aはよくダメ出ししてきて
私がいつも「おいおいー!!」となって
リーダー格の子が「まあまあ」と仲裁してくれた。
子供だから本音でぶつかりあえて
いたのでしょうね。




でもAのおかげで運動にもめざめた。
バスケのゴールの練習をしようといってきて
ガンガン入れるので、聞くと
入れれなかったら死ぬ!と思ってやれ。と
言ってきた。こいつはハンパじゃないなあ。と。
死ぬ!と思って勉強も同じようにしていたら
上の学校に行けてたかも。。。。




10年ぶりに会った彼女は
私がついこぼしてしまった愚痴を
昔だったら、一喝してきてたけど
あたたかい言葉をかけてくれた。
年月がたったなあとしみじみ思いました(^^)



学生時代のつるむと
社会人になってからのつるむって全く
違う感じがします。
前向きで楽しく、面白い「つるむ」だったら
全然OKです☆



さてさて次回は女の子DAYパート2。です♪



テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

映画プールを観に行って。

poul.jpg


映画プールを観に行ってきた。
かもめ食堂、めがねに続く、ゆるりとした作品。


このメンツの映画は観ないといけないと
思っているんです。



チェンマイで5人のそれぞれの思いを持った
人たちの6日間の話。
小林聡美さんは、やはり凛とした感じだった。
そしてナチュラルな雰囲気。
小林聡美さん大好きです☆


もたいさんも、前2作品と同じく
あの女優さんにしかできない世界観が
あって、すごい説得力!
しょっちゅう登場するわけじゃなかったけど
空気感と存在感に吸い込まれそうでした。



やはり食事のシーンや出てくる料理たちに
こだわりがあってそこもこのシリーズの
見せどころですよね!



野菜1つ切るシーンのために、このキャラクターは
こういう性格だから、このように切るだろうなど
考えられていたり、
出てくる家具から食器までみんなで話しあって
作り上げた映画らしい。



私は「ゆるりとした~」とかいうのは、
特にこだわっていないし、そういう場所に行って
一生暮らしたいとも思わない。
どちらかというと活気に満ち溢れた場所に
行って、自分が元気に生きている実感がほしい。



好きな場所にいるだけが幸せなのか。。
人と人はいつも一緒にいることだけが幸せなのか。。
映画はそう投げかけています。



私はどうだろう。。
好きな場所にいて、素の自分で自分らしく生きたい。
人と人はいつも一緒にいることだけが幸せとは
思わない。それぞれが地に足をつけて
歩んでいって、その時に通じ合える人がいたとして
楽しめたら、高めあえたらと思う。



小林聡美の役のキャラクターが
やりたいと思ったことをやってるだけ、
それで寂しいと思う人がいてもそれは
自分がそうしたいとその時、
思ったから仕方ない。いうような事を言っていた。



見方によれば自分勝手でその場の空気を
読んでいない。風にとれるけど
私は悪くないなと思った。
自分の気持ちを押し殺してまで、無理は
必要ないなあ。。と思う。



この映画を見ていると、実際こんなに自然体で
自由に生きることってあるのかな。。と思ったけど
やさしい風がふいている感じでした。



日本にいると、人情とかあるしそういうの、
ほんと大好きなんです。
でもこうでないとだめ!ぼーっとしてたらだめ!
普通でいましょう!などのしめつけはしんどい。
この映画を観ていると、日本から
そんなのでいいの?!ってつめよってくる人が
現れそうな作品ですよ(^^)なんのこっちゃ。



インド料理のカフェにいったり
古着屋に行ったり、CD屋さんでちょっと
ヘンテコな音楽を探したり。。
カフェでぼーっとしたり
これ、うまいなあ!!!って大口をあけて
食べること。
神戸でうろちょろすること、御影に行ったら
ほっとすること。。



こういうシチュエーションになったら
自分を取り戻す。やっぱりこれだなあって
この映画をみて、さらに気づきました。



mekisico3.jpg

mekisico2.jpg




映画のあと、立ち寄ったメキシカンな店。
ギッチ ミグウィッチ
タコライスタコス美味しかったです!
チェンマイの映画を観たのになんで
メキシコやねん。って。
ええんです。適当で。食べたかったから。



家に帰って、名前は知らないけど
かっこいい俳優さんが
映画を観た後に、うんちくをたれる女は
ごめんしたい。と言っていた。
私か?



映画を観た後も
バンドのライブの後も何も話さない、
さらーっとしているのが私は
逆にクールだなあ、かっこつけとんか?
って思ってたけど
話すのが、あついのかもね(^_^;)
話したいから話すのよ♪(もういいって!(笑))



テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

飲茶とウーロンと杉浦さやか

ある日の昼下がり
誕生日のお返しで食べに行った
飲茶



yamucha.jpg




少しずついろいろ味わえるから
プラス楽しさも加わりますね。
南京町のどのお店か名前は忘れたけど
南京町を歩いてみて気に入ったお店を
選んで入るのも楽しい。



私が一番嬉しかったのは
肉まん
大きいものに目が行くのは
性格でしょうか。。食いしん坊だから
仕方がないのだ(^_^;)(←開き直り)


おなかいっぱいになるかなあ。。と
思ったけど、大丈夫!
春巻き、小龍包、ももまんじゅう、
ぎょうざも美味しかったです。
具だくさんのスープにも満足!



飲茶の出る中華料理店は
普通に出てくる、お茶も美味しい。
今度は梅田に美味しい飲茶の店が
あるらしいから行く予定です。



大好きなお店の1つである
岡本のyuddy
人参烏龍茶、味わい深かったです。
甘いものと一緒にいただいたのですが
そうするとさらに味が生きてくる感じ。
渋みがなくて飲みやすかった。



yuddy103.jpg



同じくyuddyのおにぎり
ちょっとおなかがすいたかなあというくらいの
時に食べるのが最適。
セットになって出てくるお茶ももちろん
美味しかった。




yuddyt2.jpg




杉浦さやかさんの新刊でましたね!
わたしのすきなもの
杉浦さんの日常が綴られています☆
通勤時間が以前より長くなったので
電車の中で読んだりしています。
イラストとか内容とかほっとする本。



sayaka.jpg


そういうことで
David Bowie - China Girl
リアルタイムではあまり好きな曲
じゃなかったけど(他がよかったので)
やっぱり名曲だなあ。。。





テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

MARKKAのイベント「まるか食堂」

MARKKAのイベントの「まるか食堂」にて。



markka5.jpg


markka3.jpg



神戸北野で開催されたイベント。
とても気持ちいい具合に明るい店内。
あかぬけた北欧の雑貨のせいか
さわやかな空気も流れてました。



markka2.jpg


シナモンロールリンゴンベリーのタルト
食器は好きなのを選ばせてくれました。
やはり赤の花模様!


おなかがそれだけで満たされる。
甘くて美味しい。
好きな食器で食べるのって幸せを感じる!



markka4.jpg





北欧のミートボールは一度食べてみたいと
思いはかなった☆
ピクルスがきざまれて入っていました。
組み合わされたこけももソース。
甘いけど、違和感まったくなしでしたよ(^^♪



北欧風マッシュルームのソテー
あっさりとした味付けで
ミートボールなどのつけあわせには
ピッタリですな。



ネットで販売をされていたのだけど
お店を北野にかまえられるそうです☆



markka1.jpg




癒しの場所は増えて嬉しいです!!
景色をみながら、美味しいものを食べて
はぁーっと深呼吸する時間って
とても大事な時間☆




rose1.jpg



「はぁーっと深呼吸して」つながりで
幸せな時間を過ごすグッズ?!
薔薇のシャンプー。
ああ、いいにおい!
って嗅いで楽しんでいるのでは
ないですよ。もちろん使ってます☆



薔薇の香りにこだわるのは
いつまで続くだろうか。
B型なので、大きなブームって
あるんです。
薔薇の香りは今はまり中。



ドラマ「コールセンターの恋人」の時の
ミムラさん、好きです。
古き良き物を大事にして
誰がどう言おうとまっすぐ生きてる感じ。
主役、最近ないけどまたしてほしいな。


テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ぽちっとね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。