スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリーー!!

定期的にやりたくなる、ジュリー特集!


この間のエントリー、しんきくさかった!!すまん。
私らの方ではしんきくさい。って暗いとか陰気くさいという意味。
京都ではどんくさいなあという意味なんすよね。


同じ関西でも意味合いが違っちゃうのだ!
不思議!!


話題はジュリーに戻って♡
私の中での一番は
サムライなんですよね♡
子供がマネして危ないからといって
刀をもたなくなったいきさつもあったサムライ。
歌の最後で刀にライトがあたって
きらきらっとするのがまたかっこよかったんです。


サムライ



沢田研二の曲は名曲が多い。
日本のデビットボウイといっても過言じゃないと
私は思う☆彡
その時代にあわせて、変貌してた。


70年代のジュリーと
80年代のジュリーは違うんだな。


ベストとか決めれないくらい
好きな曲がたくさんあります☆彡


当時はファンではあったけど
世代的にずれがありまして
テレビに出るバージョンでは
世良さんやチャーとか
ジャニーズだったわけですから
年齢を重ねて、改めて思うと
ジュリー、最高!!


カサブランカダンディ
服装が好きだなあ!
乱れ具合が☆
ジュリーって帽子が似合う。



この曲もキャッチーで
セクシーです(^-^)

あなたに今夜はワインをふりかけ





帽子が似合うのですが
個人的にはこのような帽子が
最高にセクシーだと思う!!!

憎みきれないろくでなし




ジュネさんも
こういうの系かぶってらっしゃったなあ。
ジュネさんがかぶるとどこか
マニアックになるね(^-^)(^-^)

automod2.jpg



最後に沢田研二といえば
志村けんとのコントが面白かった!




スポンサーサイト

また夏がきた。

夏がきた。
私にとっていろいろ思い出す夏。
楽しくもあったり、ほろにがかった夏が。

これを思い出さなくなる日がくるのかな。
こなくなってほしいと思ったこともあるけど
今は静かに受けとめている。

夏うまれなのに
夏が苦手!
信じられないけど
この間寝過ごし、ごめんなさい(T_T)と
出勤した。ほんま信じられへん!自分よ!
クタクタに疲れちゃうのだ。

夏バテというか
だめなんですよね。

夏はきらきら楽しかったり
その反面悲しかったりもする。
喜怒哀楽が激しい季節だから
苦手なのかも。
でも私は元気で楽しく明るくいたいから
がんばるのだ\(^o^)/


私にとっては
いろんなことが思い出される夏。
今年もきたぞーー!

私にとって心の引き出しになおしている
ほろにがい曲



BUCK-TICK とスターリンのカヴァーについて

えらいかっこいいカヴァーをみつけてしまった!!

原曲の方は
私の尊敬する遠藤ミチロウ氏だけど!
だから原曲はかっこいいに決まっているのだが☆彡

BUCK-TICK - おまえの犬になる(遠藤ミチロウ)



BUCK-TICK 、
普通のビジュアル系だと思ってました。
(すごい失敬だ!すみません)


あんまり曲は知らないから
ちょっとくらい聴いただけで
言ったらいけない。
ほんま、このカヴァー曲はかっこいい!!


だって明日というか今日、仕事だから
出勤が遅めだといったからって
いいかげん寝ようと思った矢先
みつけてしまったから


FBでアップすべきか
こちらでか迷って。。


THE STALIN-おまえの犬になる



白い菊の花が似合うミチロウ氏。
やっぱり食べるんですね。
これはベトナム伝説に収録されてた曲で
私の大好きな曲
I wanna be your dog のカヴァーだ。


そして!
このカヴァーもすごいよ(笑)
これはBUCK-TICK の
カヴァー。さすが!

悪の草 by 大槻ケンヂ(筋肉少女帯)


悪の草、まちがえた!悪の華!
さすが!大槻ケンヂ!!
うっ!あっ!とかそのまんまだけど
なんか笑える!!

BUCK-TICK 悪の華



うっ!あっ!言ってて笑えるけど
かっこいいんだなあ。不思議だ☆彡
でもやっぱり普通だ(失礼しましたm(_ _)m)

あ、でも
ジュ!いや、
ことぶき!もうええて!
今井寿のギターは好きだなあ。


他にも探したくなってきたけど
ほんと寝ないといけない。
おとなしく寝ます(^-^)

私の好きなもの

久しぶりなブログ☆彡
はやくアップできて
つぶやきにちかいことをかけるFBに
傾倒しがちな昨今。


西大阪のキャンドルナイトにいってきました。
好きな分しかアップできてないけど。
夜の8時をまわると
町が消灯され
あたりが光と化してた。


キャンドルジュン氏のプロデュースの
広場の状態。
キャンドルジュン氏の作るキャンドルを
私は尊敬しておりますので
感激をとおりこし、興奮しました。


10426713_527107084062295_747534333118534831_n.jpg



私もキャンドルを本格的に作りたいなあ!
ジュン氏のような
ごついキャンドル、
サイケな感じをかもしだすような。。

candle.jpg
これはパンクや!と思って買った分☆彡


ちょっとかじった程度しか
やったことないので
ほんとやってみたい。

キャンドルナイトにいってみて
あまりの感動に
私は本当に好きなんだなあと気づきました。


作る側にまわってみたいなあ。
けどこれはそういうお仕事をされている方か
専門学校の学生さんがされているものなのかな。
音楽との融合でやってみたいー。


candle2.jpg
言葉も好きだなあ!

大したものをつくったことはないけど
ちょこっと
絵を書いたり
キャンドルを作る時、
私は自分を確認できる。と感じる。
ガガガガーっと出てくるのがわかる。
それが心地いい。
それをもっと本格的に頻繁にしたい。


10435137_527308007375536_5459272583474858124_n.jpg
これはおうちキャンドルナイト。


つくった人たちはカケラも思ってないと
思うけど、
私はデッドオアアライブを
思い出してならなかった。
だからこの作品が一番好きだったなあ!
イメージの曲はこれ!!

10363334_527107554062248_7934932675859083378_n.jpg



かわいらしい感じじゃなくて
私はどちらかというと
ゴシック的な感じや
スピリチュアルな感じに
キャンドルをイメージする。


話が変わるけど
昔やってたバンドでつくったテープを
デジタル化していただき
嬉しいことにそれをいただいて
何十年ぶりかに聴けるようになった\(^o^)/

聴いてもらいたいなあと思う☆彡
私も作ることに参加してたけど
歌詞と歌担当だったから、
曲をつくった人の気持ちを
大事にしたいので
OKをもらえたらここにはりつけようと思います(^-^)


何十年かぶりに聴いて
最初は歌ってるのが違う人が歌っているような
感覚でとても遠くにきこえた。


でもあることがきっかけに
これは自分やで。とつながり、
音も鮮明に聴こえるようになった。
とても不思議な現象だった。
て、抽象的な説明すんません!


社会で所属させてもらって
そのおかげで毎日を過ごせて
楽しいこともいろいろ
できるわけだけど
自分をしっかりもっていないと
変わっちゃうんだということに気づかせて
もらった。これとっても大事!!!


変わらないのがイヤとかではない。
過去をみつめてるわけでもない。
過去にいきているのは好きじゃない。
前に進んでるのが好き。


自分の「これ」というものは
時代がかわっても、年齢を重ねても
ぶれないでおきたいし
しっかりもっておくことが大切☆彡


記憶力いいよね、とか
昔のことを覚えているよね。
って言われたことがあって
そんなしつこくないわ!と
わたしゃあ、
気が悪かったことがある。
(急におっさんになっとる。)

別にいいんだけどね(^-^)
感じたことをおっしゃられたわけだから。
でもそういう言われ方するの
好きじゃないんだな。


どっちかというと人がやったことで
自分がかかわっていないことは覚えていない。
覚えていたとしても、言葉にするのは
失礼とも思う。
思考に対しては特にそう。
気持ちってその時、その時変化していく。
その断面を記憶していて、指摘されるのは
私は嫌できっと誰でも嫌なんじゃないかなあ。


昔のことを覚えている内容は
私にとって、すごく感動したことや面白かったこと、
その時間、
大事にしたいことを覚えている。
むしろ忘れてはならないと思う。
誤解やなあと思ったので、明記した。


自分のバンドをやっていた時のことも
私の青春の1場面だったから
覚えていて話す。
好きな音楽も
いろいろ聴いてみて、たどりついたのが
80年代から以前の音楽。

だからニューウエーブとパンクが今も
一番好き。
そういう理由なのだ。

裸の大将

かっこいいなあ!
音楽もだし、キャラ的にも!

ずっと好きやわあと思っている
アダムアント!きゃー♡←われながらキモイ!
きゃーって。

Adam and the Ants-Kings of the wild frontier


jonny.jpg

もちろん、この系列の顔立ちの人は
好きです。濃いか薄いか。濃いです。
性格もどうもこゆい人が好きみたい。
これは男女関係なしにそうだと発見した!


そして、やっぱりこの人。
いつか、裸の人はちょっと。。といわれたことがある。
私もそこが気にいって、好きってわけじゃない。

Iggy Pop - I wanna be your dog



これなんて江頭さんとどう違う?というほどの
スタイルだけど、かっこいいんですよー。


私はどちらかというと
ライブで上半身裸ってのはなあ。。と
思う方だ。
もっと表現法あるやろうと実は思ってる。
えらそうですけど(^_^;)


今は仕方ないかもー、
その人のやりたい志向やねんし。
と思えるようになったけど


まえは、
好きなアーティストが
そんなんで出てきたら
やってしまいはったか!と思っていた。
ないなあ。とも思っていた!


短絡的やーと、趣味悪いー。
と思っちゃうんです。
またまたえらそうですみません!


網目をじかに着てるのも
実はギリです。



でもなぜか
好きなアーティストは
上半身裸に近い人が多いと
最近、発見しました。


Iggy Popなんて、上着もってないん?って
思うくらい、ライブでは9割そうですよね。
その道のプロ(裸のプロ?)です。

The Stooges - Dirt



曲はめっちゃかっこいいけど
ジャケットまでそうなのか!と。
でもかっこいいんです。


たまたま
トータルで好きなお2人が
長年好きなお2人が
上半身裸志向の方々だったので
なんでかなあ?と気づいたんです。


でも上半身裸でライブは
ほんと好きじゃないです。
どっちかいうと
大げさに着飾ってる方が好きです。

Adam & The Ants - Dog eat Dog


わりと普段は
一世風靡した海賊ファッションの方なので
おごそかファッションですよね(^-^)
てか、ドラム1つじゃないの、ドカドカしていて
ほんとかっこいいです!!

それではまた、
今回は
最近の自分不思議発見シリーズでした☆彡

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ぽちっとね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。